怪我なく体幹強化

ダンベルフィットネス、いえアスリートでも重要視され注目されているのが体幹です。大雑把に説明すると、体の胴体の内部にある筋肉のことで、インナーユニットともいわれています。内部にありますので、体の外からは見えないのはもちろんですが、意識することさえ難しいものです。筋トレの基本はまず鍛える筋肉を意識することから始まります。腕にある力こぶや、腹筋などトレーニングするさいにはその部分を意識することにより、より高い効率が望めるのです。体幹は見えていませんので、それを意識することは難しくなかなか効率よく鍛えられません。体幹を強くすると、スポーツの能力を上げるといったアスリートに必要なものだけでなく、一般の人にとっても体内の活性化を促し怪我防止や健康増進に役立てます。

アンティグラビティフィットネスは重力とは無用の動きが可能なフィットネスですので、背骨や関節に負担をかけることなく体幹を鍛えることができるフィットネスです。しかも遊びともいえる動きの中でそれを手に入れることができるので、注目されています。フィットネスは重力との闘いです。重力により負荷がかかり、より高い効率を求めるものですが、関節や骨といった鍛えようのない箇所に負担がかかってしまうのも事実です。アンティグラビティフィットネスは空中で行いますので、その手の怪我の心配をすることなく安心して行えるフィットネスなのです。